尿漏れパンツの良さを知ろう|人に言えない悩みはここで解決

放っておくのは危険

笑顔の女性

膣のゆるみの原因で一番大きく影響しているのは出産だとされています。妊娠中にはお腹の中には胎児が入った重い子宮があり、それを支えている筋肉に大きな負担がかかっているのです。重たい子宮を支えようと筋肉が伸ばされた状態であり続けることで出産をした後は上手く収縮されないことで膣のゆるみが起きてしまうのです。膣のゆるみの原因は、出産以外にも加齢や肥満、姿勢など様々なものが挙げられます。例えば加齢の場合だと、年を重ねるごとに膣の周りの筋肉が衰えてしまうことでゆるみが生じてしまいます。そのため日頃から筋肉を鍛えておく必要があるのです。日常生活の中では便秘や重い荷物を持ち上げることでも膣のゆるみを引き起こしてしまう可能性もあるため気をつけるようにしましょう。

人によっては膣のゆるみを気にしないで放っておく人もいます。しかし、治療もせずそのまま放っておくと子宮脱と呼ばれる危険な病気になってしまうのです。子宮脱とは子宮を支えている骨盤底筋郡という筋肉の部分が衰えてしまうことで、子宮が下がってしまい外へ出てしまう症状です。また、子宮以外にも膀胱や直腸なども下がってしまう可能性があり、これらが下がってしまうことで排尿や排便をする時に障害が起こってしまいます。そのような状態にならないためにも、病院へ行って早めに治療するようにしましょう。また、普段から運動やトレーニングなどで筋肉を鍛えておくことで膣のゆるみを予防することができます。